株式会社ツインカプセラ公式フェイスブック
製品・サービス

ホーム > 製品・サービス

課題と解決策

要冷蔵・冷凍品等、温度維持が必要な物品の輸送においては、どうしても温度逸脱のリスクが伴います。温度逸脱のリスクを最小化するためには、輸送品の側で確実な保冷・保温対策を採ることが非常に重要です。

卓越した性能を実現する基本コンセプト

断熱保冷容器の外観イメージ
(HTV搭載小型回収カプセル用容器)
<タイガー魔法瓶(株) 提供>

基本コンセプト

魔法瓶構造の二つの断熱容器を組み合わせ
用途に応じた最適設計を行うことにより
超高性能を実現!

コンパクトなのに高性能!

一般的に、クーラボックスなどの保冷コンテナは、サイズが小さくなるほど搭載可能な保冷剤の量が少なくなり、また、内部の断熱材の継ぎ目から侵入する熱の影響が大きくなるため、その保冷性能は低下します。

つまり、小型であることと保冷性能が高いことは相反する性質であり、これらを両立させることは容易ではありません。

弊社が提供する断熱保冷・保温コンテナは、その「高い断熱性能」と「コンパクトで内部空間が大きい」という特長から、小型にも関わらず高い保冷・保温性能を実現できます。

これにより、輸送コストの低減、保冷剤の交換等 の手間の削減などの効果が期待できます。

様々な温度帯に対応!

様々な種類の保冷剤を使用することにより、様々な温度帯での温度維持のニーズに対応することができます。

また、ドライアイスを用いることで、-80℃でのワクチンの冷凍輸送・保管への対応も可能となります(高い断熱性能により、少量のドライアイスで要求を実現)。

既存製品に対する優位性

類似の既存保冷コンテナと比較すると、JAXAの小型回収カプセルの断熱保冷容器やその技術を活用した弊社製品は、容器の 体積当たりの保冷可能時間において高い優位性を有しています。

特に、少量の保冷剤で長期間の保冷ができるという点で優れており、既存の保冷コンテナでは対応出来なかった「少量×長期」という保冷技術の空白地帯に新たなアプリケーションを創出します。