株式会社ツインカプセラ公式フェイスブック
JAXAの小型回収カプセル開発の成果

ホーム > 回収カプセル成果

2018年 JAXAは 独自に開発した再突入カプセルにより
国際宇宙ステーションから 宇宙実験サンプルを保冷状態
で回収することに成功しました。

  

小型回収カプセル ミッションハイライト

報道写真
報道写真2
報道写真3

これにより 開発した断熱保冷容器が
大気圏再突入中も含めた熱環境において
卓越した保冷性能(※)を発揮することが実証されました

※ 回収カプセル用容器の保冷性能実力:

フライト環境を模擬した熱環境における地上での保冷性能確認試験において
4℃±2℃の温度帯において7.9日(JAXA発表文献より)
(設計次第で更なる長期保冷も可能)

容器についてもっと知る